×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニスとイメージトレーニング

テニスに限らず、スポーツでよいプレイをするためには、イメージトレーニング(自分に合った方法を見つけることができます、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)がかかせません。イメージトレーニングを上手にするためには、手本となるべきプレイのイメージを鮮明に思い描く必要があります。

テニスの世界で一流、プロと言われる選手達のプレイスタイルをテレビやDVDなどで何度もみて、頭の中に焼き付けてください。勿論、繰り返しみるのは、自分がそうなりたい理想のプレイスタイルに限定します。目を閉じるだけで、憧れの選手のプレイスタイルが思い描けるようになったら、その選手の動きを頭の中で、自分に置き換えてイメージしてみると呼ねれているんです。

体はそもそも、脳から様々な信号を受けて活動します。ですから、試合などで極度の緊張状態になってしまうと、練習ではいつも可能でいたプレイができないなんて言うこともおこってしまいがちです。そこで、自分がこれから臨む試合をイメージの中でできるだけリアルに思い描き、自分が上手にプレイをしていることをイメージします。試合の前にイメージトレーニングを繰り返す事で、緊張を感じにくくなれるでしょう。

イメージトレーニングするのは、何もしていない時(お風呂に入っている時、就寝前などの集中できる時)が適しています。プロと呼ばれる選手の大部分が、イメージトレーニングの重要性を実感しているようです。テクニックや体調も試合の成果を左右する大きな要因となりますが、ここぞ!と言う勝負の際は、メンタル面のコントロールができるプレイヤーの勝利となる場合が多いので、ぜひ日頃からイメージトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)を習慣にしてみてください。